読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そうだ!書道しよう

書道を何度止めても気づけば筆を持ってしまう不器用人間のブログ

初心

書道を何度止めても気づけば筆を持っている

 こんにちは。凛香(りんか)です。

 このブログは、書道を止めても止めても、なぜか筆を持ってしまう不器用人間が、どこにも属さず、お題を出して独り練習している記録です。

 

もしかしたら、次の方にヒントがあるかもしれません。

 

  • 暇だけど何をしていいかわからない。
  • 何かしなきゃと焦る。
  • 忙しすぎて疲れた。
  • 取り柄がない。
  • 鉛筆の運筆に苦戦している。
  • 不器用だと思っている。
  • 書いてある文字が踊って見える。
  • 真面目すぎるのは苦手。

  

 どんな言葉をお題にしようかな?

初心 

 時々、初心に返って、独りで書道の練習をしています。

 でも、初心って「うぶなこころ」ですよね。(*^^*)

 うふうふ、うふふ・・・・・・。

 今、何を想像しましたか?

 ドキドキしますか?ワクワクしますか?

 身が引き締まりますか?

 

 私は、読んでもらえる字になりたかったです。誰かに何か1つでもいいから褒めてもらいたかったんです。小学校低学年の頃、鉛筆の運筆に苦戦していたので。


      f:id:rinkanoedojidai:20161031155344j:image

 なんということでしょう。筆がパックリ割れている。

 少しでも書かないと、感覚が鈍り今まで練習したのはどこへやら……という具合にきれいさっぱりわからなくなるんです。

 およよよ( ノД`)…

 

 書道に限らずだと思いますが、どうでしょう?

 

 私のレベルでは、納得する文字を書けることは、なかなかないです。

 イメージと書いたものが一致しないんですよ。ひたすら書くのみ。何枚も何十枚も何百枚も書いた中に「おっ。今までで一番、書けた。」っていうのがあればいいかなと思います。

 
                    f:id:rinkanoedojidai:20161102152746j:image

         STAMPMIスタンプミー

 

 独りで地味にやってるので、いつでも止められます。

   

  でも、書道するのを止めようとすると、舞台のお手伝いで書くことがあるのです。

  一度限りだとしても、声をかけてもらえると、正直、嬉しいです。

 そして、一度きりだと思うからこそ頑張るんです。

 客観的に見られると一層、気合いが入りませんか?


    f:id:rinkanoedojidai:20161101223144j:image

         フリー写真素材ぱくたそ

            URL  www.pakutaso.com

 

 また、このように多くの人目に触れる機会は、遥かに素晴らしい実力のある方が沢山いらっしゃるので、一匹狼ならぬピヨッコの私にとっては恐れ多いのです。

 

 かつての書道の先生に「渇」を入れられた気分になります。

 中途半端なものは出せません。引き受けた以上は止めるわけにはいけません。ひたすら書きます。

 

しまった。!Σ( ̄□ ̄;)

 

 もっと、バリバリやっておくんだったと思います。ひたすら書きます。リハーサルまでベストを尽くします。すると、部屋が半紙で溢れますね。

 

広くないので、ご飯食べるスペースない。( ̄O ̄; 

 

「初心」って、初心な気持ちで書くにしてはハードル高かったわ。( ̄▽ ̄;)

 

 初心に戻るなら「一」ですよね。


     f:id:rinkanoedojidai:20161101182006j:image 

 単純ゆえに誤魔化せないと思いませんか?

 穂先がパックリ割れていると気になります。

 

 10年程前に、16年のブランクで再開した書道教室に通っていた時、先生が

「下手の横好きから始めてもいずれは、好きこそ物の上手なれになるからね。」

とおっしゃていたことを筆を持つと思い出します。

 短い間だったんですが、私の背中を押して下さった一人です。

 

  少しでも肩の力が抜けたり、気持ちが前向きになれれば幸いです。


    f:id:rinkanoedojidai:20161031162634j:image

        フリー写真素材ぱくたそ

        URL www.pakutaso.com